■ メカトロウィーゴ No.04 “ウォーム&クール” [東雲研究所ver]

0

    メカトロウィーゴ東雲研究所ver

    「メカトロウィーゴ No.04 “ウォーム&クール” [東雲研究所ver]」を買いました。

     

    先月、模型店で見つけて買ってしまった「20 メカトロウィーゴ No.01 “うすみどり”」。

    それまで、メカトロウィーゴのこと自体を知らず、特に何の想い入れもないものだったんですが、パッケージ絵に惹かれてしまい...

     

    そして、”パッケージ絵に惹かれて” となると、やはりほしくなるのが「日常」とのコラボ品である「東雲研究所ver」です。

     

    JUGEMテーマ:プラモデル


    ■ 20メカトロウィーゴNo.01 “うすみどり”

    0

      メカトロウィーゴ「20 メカトロウィーゴ No.01 “うすみどり”」を買いました。

       

      CDなどで言う「ジャケ買い」というやつです。

       

      パッケージイラストが、「日常」で知られる あらゐけいいち氏なんですよね。

       

      ここ2年近く、ガンプラだけでなくホビー系の情報全般をあまり見ておらず、当然ホビーショップ等にも行ってなかったので、久しぶりに店に行っていろいろ見てると「あー、こんなのあるんだー」って感じで楽しかった。

       

       

      今回私が買ったやつ、中に入ってるフィギュアは、あらゐ氏デザインのキャラではないんですが、過去に「日常」とのコラボキットが出てて(限定品?)、それには はかせ、なの、阪本が付いてたらしい。

       

       

      JUGEMテーマ:プラモデル


      ■ プチッガイ

      0

        プチッガイバーニングレッドプチッガイを買いました。

         

         

        「HGPG 1/144 プチッガイ バーニングレッド」と「HGPG 1/144 パンダッガイ」です。

         

         

        前回UPした ガザC と G-セルフ の仕上げは、また気が向いたときにするとして、パーツ数の少ない簡単キットなのでささっと二つ作りました。

         

        未塗装の素組です。

         

        バーニングレッドについては、設定どおりにするなら背中のリボンを黄色く塗る必要がありますが、小さな1パーツの一色塗りなので、マーカー塗りでも筆塗りでもスプレー缶でもエアブラシでも、どれでも簡単にできると思います。ベースが白色なので色も乗りやすいでしょう。

         

        パンダッガイバーニングレッドもパンダッガイも(プチッガイシリーズは)、リボンの裏側が凹なので、気になるならパテで埋めてやったりしてもいいかなと。あまり見える場所ではないので別にそのままでもいいとは思いますが。

         

         

        バーニングレッドのリボンの件はありますが、それ以外は特に追加で塗装する必要はないですし、スミ入れの必要も感じません。艶、質感を整えるために全体をサッとスプレーするくらいで十分かと思います。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         JUGEMテーマ:ガンプラ


        ■ 久しぶりのガンプラ

        0

          ガザC久しぶりに作ってみました。

           

          早く完成させないといけない、作りかけのまま放置中のものもいくつかありますが、それらとは別でストックの中から素組で二つ。

           

          HGUCのガザCと、HGのG-セルフです。

           

          ゲート処理も特にせずただ組んだだけです。もちろん塗装はしていませんので、細かな塗り分け部分は付属のシールを使いました。

           

          これで完成というのもあれなので、この後もう少しだけきっちりとゲート処理をし、ガンダムマーカーでスミ入れくらいはしようと思っています。

           

          久しぶりのガンプラだったので、ただ組み立て説明書通りに作るだけの素組でも少し疲れました。


          G-セルフG-セルフのほうは、まだガンダムタイプの分かりやすい構造なので説明書を凝視しなくても、これまでの経験をもとに組んでいくこともできたのですが、ガザCについてはその独特な構造のため、説明書が無ければ何かどこの部品なのか分からないところも多く、久々のガンプラには不向きだったなと作り始めて気付きました。

           

           

           

           JUGEMテーマ:ガンプラ


          ■ Mr.ルーターPROIII ACアダプタータイプ 買ったです。

          0
            Mr.ルーターPROIII 私はパテとかをもってガリガリと削るタイプの改造をすることが多いので、こういう道具が必要です。

             これまでは乾電池タイプのを使ってたのですが、すぐに電池が無くなりパワーが弱くなってしまうのがちょっとなぁ という感じでしてね。充電式の電池を2セット分買って、一方を使ってる間にもう一方を充電しておくことで、ある程度安定した連続使用ができるようにとかやってたんですが、それもけっこう面倒で。電池の心配が要らない、手頃な価格のACアダプタータイプのものを探してたんです。

             ということで、「Mr.ルーターPROIII ACアダプタータイプ」。これで思いっきりガリガリと削れます。

             さて、肝心のガンプラ作成のほうですが、別の趣味のほうを優先していた関係で、前回のブログ記事を書いてから進捗はありません。先月から、TVアニメではビルドファイターズの続編も始まったことですし、私もぼちぼちガンプラ作りを再開しようかなと、そんな気分の今日この頃だったりします。

            JUGEMテーマ:ガンプラ


            ガンプラ展示リストページへ


            『P.cube』のガンプラ展示リストページに飛びます。

            『P.cube』トップページへ

            selected entries

            ブログランキング

            categories

            archives

            recent comment

            • M1アストレイカスタム ワイルドキャット 展示ページできました。
              kraft
            • M1アストレイカスタム ワイルドキャット 展示ページできました。
              ケフィア
            • HGアストレイレッドフレーム発売初期の彩色ミス箱絵。
              りな
            • ロボダッチDXセットVOL.2
              kraft

            amazon

            amazon

            amazon

            amazon

            amazon

            amazon

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM